フライヤー印刷をお願いしよう【人気の業者を利用できる】

低コストで効率良く宣伝

インク

印刷枚数や配布の数

フライヤー印刷では、チラシ印刷と比べると1枚あたりの料金が安めとなっています。これは、フライヤーのサイズが通常はA6やB6など、チラシのサイズよりも小さいからです。チラシのサイズはA3やB4となっていることが多いのですが、フライヤーはその4〜8分の1のサイズです。具体的にはA6サイズのフライヤーは、A3の用紙に8枚分を印刷し、それを8分割することで作られています。もちろんカットする手間暇はかかりますが、1枚あたりの用紙代やインク代が少ないので、その分単価が安く設定されているのです。しかも分割する分、一度に大量に仕上がるというメリットもあります。A3の用紙100枚にA6のフライヤー印刷をすれば、カットにより800枚仕上がることになります。500枚にフライヤー印刷をすれば、4000枚完成するのです。さらに、印刷枚数が多ければ、それだけ1枚あたりのコストは安くなります。たとえば800枚なら、1枚2〜3円ですが、8000枚なら1枚1円程度になります。印刷枚数が万単位になれば、1枚あたり0.5〜0.8円ほどになるのです。枚数が多いと、より多くの人々にフライヤーを配布し、見てもらうことができます。つまり、広い範囲での宣伝ができるわけです。そのため低コストでの効率の良い宣伝を希望する多数の企業が、フライヤー印刷を業者に依頼しています。同じ内容のフライヤーを大量に印刷してもらい、複数回に分けて定期的に配布するという企業も少なくありません。都度で依頼するよりも、支払う料金が安く済むからです。