フライヤー印刷をお願いしよう【人気の業者を利用できる】

内容や配布方法に合わせて

印刷物

よく使われる用紙

フライヤーとは、ポストカードほどのサイズの、比較的コンパクトなチラシです。風にヒラヒラと舞うほど小さいため、かつてはヘリコプターで上空から配布されていました。環境のためにそれが禁止されている現在では、街頭などで人の手で配布されるようになっています。コンパクトサイズですから、フライヤーは、大きなサイズのチラシのように両手で広げながら見る必要がありません。記載内容も少なく、パッと見ただけでおおよその内容を確認できるので、小さくても宣伝効果が高いと言えます。しかしインパクトが少なければ、見ても内容が頭に残りません。そのため業者によるフライヤー印刷では、多くの場合はコート紙が使われています。コート紙は、雑誌の表紙などにも使われている、光沢のある用紙です。発色が良いので、これを使えば、色鮮やかで印象に残りやすいフライヤーが完成するのです。またフライヤー印刷では、上質紙が使われることもあります。上質紙はコート紙ほど光沢がありませんが、その分表面にわずかなざらつきがあり、何かを書き込んだりスタンプを押したりすることが可能です。そのため、サービスなどの申し込み用紙とセットになったフライヤーや、スタンプでナンバリングなどをするフライヤーに適していると言えます。この他にもフライヤー印刷には、文字がより鮮明に見えるマット紙や、水を吸収しにくく雨天でも配布しやすいユポ紙などが使われています。そのためフライヤー印刷は、内容や配布方法などを考えた上で、適切な用紙を選んで業者に依頼することが大事です。