フライヤー印刷をお願いしよう【人気の業者を利用できる】

内容や配布方法に合わせて

印刷物

業者によるフライヤー印刷では、様々な用紙が使われています。色鮮やかに仕上がるコート紙や、書き込みができる上質紙、文字が見えやすいマット紙、水を吸いにくいユポ紙などです。それぞれ特徴や長所が異なっているので、フライヤー印刷では内容や配布方法に適した用紙を選ぶことが肝心です。

詳しく見る

手軽に宣伝できる

印刷機

自力でのフライヤー印刷には手間暇がかかりますが、業者に任せれば手軽です。しかも業者には、印刷だけでなくデザインや印刷後のカットも、まとめて任せることができます。これにより、視覚効果が高い上に美しいフライヤーが完成します。その分高い宣伝効果が期待できますし、これが利益アップにつながるのです。

詳しく見る

業者利用のメリット

色見本

フライヤー印刷とはチラシ印刷とほぼ同義で、業者利用するのがおすすめです。業者を利用するメリットは高品質であること、割安になることが多いこと、複雑かつ特殊な加工が加工となることなどが大きなものです。様々なサービスがあるので比較検討して決めるのがおすすめです。

詳しく見る

今こそ紙媒体を利用する

キーボード

インターネット広告で溢れている今こそ、紙媒体に戻ってみるべきではないでしょうか。道端でも配布しやすいのが、手頃なサイズであるフライヤー印刷の魅力の一つです。インターネットで依頼すれば、打ち合わせや受け取りに出向く必要もありません。

詳しく見る

低コストで効率良く宣伝

インク

フライヤーは、用紙に複数枚印刷し、カットすることで作られています。たとえばA6のフライヤーならA3の用紙から8枚分作られるのです。その分フライヤー印刷の1枚あたりの料金は安めです。しかも印刷枚数が増えれば、それだけ単価が下がります。これにより、広範囲に低コストで配布できるようになります。

詳しく見る

PICK UP

印刷物

内容や配布方法に合わせて

業者によるフライヤー印刷では、様々な用紙が使われています。色鮮やかに仕上がるコート紙や、書き込みができる上質紙、文字が見えやすいマット紙、水を吸いにくいユポ紙などです。それぞれ特徴や長所が異なっているので、フライヤー印刷では内容や配布方法に適した用紙を選ぶことが肝心です。

印刷機

手軽に宣伝できる

自力でのフライヤー印刷には手間暇がかかりますが、業者に任せれば手軽です。しかも業者には、印刷だけでなくデザインや印刷後のカットも、まとめて任せることができます。これにより、視覚効果が高い上に美しいフライヤーが完成します。その分高い宣伝効果が期待できますし、これが利益アップにつながるのです。

色見本

業者利用のメリット

フライヤー印刷とはチラシ印刷とほぼ同義で、業者利用するのがおすすめです。業者を利用するメリットは高品質であること、割安になることが多いこと、複雑かつ特殊な加工が加工となることなどが大きなものです。様々なサービスがあるので比較検討して決めるのがおすすめです。

キーボード

今こそ紙媒体を利用する

インターネット広告で溢れている今こそ、紙媒体に戻ってみるべきではないでしょうか。道端でも配布しやすいのが、手頃なサイズであるフライヤー印刷の魅力の一つです。インターネットで依頼すれば、打ち合わせや受け取りに出向く必要もありません。

手軽に配れる小型チラシ

印刷機

制作は専門業者に発注を

手軽な広告宣伝ツールとして最近人気を集めているものに、フライヤーがあります。フライヤーとは、小型のチラシのことをいいます。明確な定義があるわけではありませんが、通常のチラシがおおむねA5版・B5版程度のサイズが最小であるのに比べて、フライヤーにはA6・A7・B6・B7といったサイズがあります。このサイズ面による特徴から、フライヤーには街角等での配布がしやすい、レジ横などに置いてもスペースを取らない、といったメリットがあります。そのため、比較的小規模なお店の宣伝や、自主興行イベントの告知などにしばしば活用されています。フライヤーの制作は、プロの印刷業者に依頼するのが適しています。最近ではフライヤー印刷を専門に手がける業者も増えてきています。フライヤー印刷業者の多くは、インターネット経由で注文を受け付けています。料金の目安もホームページにあらかじめ明示されているので、比較しながら発注業者を選ぶのがお得です。フライヤー印刷は紙の厚さや使う色の数等によって費用が変わってくるため、できれば複数の業者から具体的な見積もりを取るようにします。その際、直接制作費はもちろんですが、送料や版下代などもチェックしておくことが重要です。完全無料というところもあれば別途必要になるところ、制作費の中に含まれているところなど業者によって扱いはいろいろです。また、自分で紙面をデザインするのは難しいというのであれば、テンプレートをあらかじめ用意しているか、デザイン自体を発注できるフライヤー印刷業者を選ぶようにします。